大根は冷凍しちゃうとまずい!?失敗しない保存方法とおすすめレシピのご紹介

料理・食べ物

 

ここがポイント!
・シャキシャキ食感の大根サラダが食べたい場合は冷凍保存はNG
・冷凍大根に味をしみ込ませて料理に使いたい場合は洗って切ってそのまま冷凍
・冷凍しても大根の中の栄養素が壊れることは無い
・煮物用に輪切り、味噌汁用に短冊切りなど計画的に分けて保存すると便利

 

大根っておいしいですよね。

サラダや煮物、炒め物にも入れられますし、焼き魚に添えたり、大根おろしにして鍋に入れたり幅広く活用させることができる食材界の名脇役です。

 

でも、大根って思った以上にボリュームがあるんですよね。

スーパーで食材を選んでいるときに「今日と明日は大根でアレもコレもつくろ~」「大丈夫!食べきれるでしょ~」なんて思いながら調子に乗って1本まるごと買って帰っても、結局はうまく使いきることができずに余ってしまって「大根どうしよう…」なんて悩んだ経験ありませんか?

 

そんな困ったときに役立つのはやっぱり冷凍保存です!

冷凍は主婦の強い味方です。

食材を放置しておいて腐らせてしまうのは環境だけでなく精神的にもよくないですし、お財布的にも痛いですからね。

使いきれないと思ったら迷わず冷凍しちゃいましょう。

 

ですが、食材の中には一度冷凍してしまうと食感が変わってまずくなってしまうものもあります。

大根はどうなのかというと、一度冷凍するとシャキシャキした歯ごたえや食感が失われるのでシャキシャキ食感を期待するサラダなどには向かない食材になってしまいます。

 

しかし、保存の仕方や活用方法を間違えなければ冷凍した大根もまずい食材にはならず、一本まるごと美味しく食べきることができるのです。

 

今回は、失敗しない大根の冷凍保存の方法と冷凍大根をつかったおすすめのレシピをご紹介したいと思います。

 

大根は冷凍すると、ぐにゃぐにゃになっちゃう!?

 

 

大根は水分を多く含む食材ではありますが、キュウリやレタスのように冷凍してはいけない野菜というわけではありません。

 

先ほど記述したとおり、一度冷凍保存された大根は繊維が壊れた状態になってシャキシャキした食感が失われてしまいます。

そのため、一度冷凍した大根を解凍してシャキシャキ食感の大根サラダをつくろうと思っても、それは難しいということになります。

 

冷凍した大根は歯触りがふにゃふにゃというか、ぐにゃぐにゃというような表現に近い状態になるのでシャキシャキ食感の大根サラダが食べたい場合は冷凍保存する前につくってしまいましょう。

 

では次に、気になるポイントとして大根は冷凍すると栄養素に変化があるのでしょうか?

これは調理する方法などによって変化がある場合もあるという回答になります。

 

冷凍状態というだけで大根の中の栄養素が壊れることは無いのですが、大根おろしなどそのまま加熱せずに食べる場合には時間の経過とともに酵素などの栄養素が失われてしまうため、すりおろしたての大根に比べると、冷凍していた時間の分だけ摂取できる栄養素は減ってしまうことになります。

 

大根おろしなどは一度に食べきる量以上にたくさんつくっておいて製氷皿などで小分けにして冷凍保存しておけば次に大根おろしを使うときにも楽なのでとっても便利なのですが、摂取できる栄養素は少なくなります。

その他、冷凍することでは壊れない栄養素も煮物や炒め物にするときの加熱調理によって失われる栄養素もあります。

 

 

特にビタミンCや酵素は熱に弱いので、調理中に栄養素が変化してしまいます。

また、冷凍保存した大根を温めて食べたいからといって急激に熱を加えると栄養素が壊れるだけでなく、苦みや雑味も出てしまいます。

そのため冷凍庫から冷蔵庫に移して時間をかけて自然解凍させ、その後、できるだけ弱火で調理するのが冷凍大根を美味しく調理するコツとなります。

 

 

大根は冷凍前に茹でてから保存するべき!?

 

先ほど大根は冷凍できる食材だとご紹介しましたが、どのように下処理してから冷凍保存すべきなのでしょうか?

一度茹でてから?それとも洗って切ってそのまま冷凍?

 

煮物につかったり、味噌汁に入れたり、冷凍大根に味をしみ込ませて料理に使いたい場合は洗って切ってそのまま冷凍保存でOKです。

 

大根の冷凍保存のコツは、冷凍する前に用途やレシピを予め決めておくことです。

ざっくり切ってとりあえず冷凍するのではなく、煮物用に輪切りを○○センチ分、味噌汁用に短冊切りを○○センチ分、大根おろし用に○○センチ分をおろして保存、など計画的に分けて保存するようにしましょう。

 

レシピに合わせた大きさや形に切ったり、すりおろしたりしておくことで無駄なく使いきれますよ。

また、予め下味をつけた状態で作り置きおかずとして冷凍保存しておくことも可能です。

豚バラ大根なども下味をつけて冷凍し、あとは自然解凍して焼くだけの状態にしておけば時短になって家事も楽になります。

 

ちなみに、大根は一本のなかでそれぞれ調理に向いている部分があります。

 

一番葉っぱに近い上の部分は水分が多く、大根のなかでも甘い部分になります。

そのため、サラダなど生で食べるのに向いています。

冷凍する前に優先して使ってしまってもいい部分かもしれませんね。

 

大根を三等分したちょうど真ん中あたりは柔らかく形が均等になりやすい部分となります。

そのため、輪切りにして冷凍しておけばおでんなどの煮物ふろふき大根などにピッタリの部分になります。

 

一番土深くで育った大根の先っぽ、下の部分は繊維が多めで辛みが強いです。

そのため、大根おろしに使用するとピリッとした料理のアクセントになってくれます。

 

食べきれない分はすりおろして冷凍保存しておくと様々な料理に活用できますよ。

 

大根おろしの辛みを取る方法はコチラ
大根の辛味成分を魔法のように消す…大根おろしの辛みを抜く方法!

 

まとめ

 

今回は、失敗しない大根の冷凍保存の方法や冷凍大根をつかったおすすめの料理法などをいくつかご紹介しました。

これからは大きな大きな大根を買っても、きっと大丈夫!

 

冷凍保存をうまく活用しながらサラダや煮物、炒め物や大根おろしなど様々な料理にして無駄なく美味しく大根をいただきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました