google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

犬のお風呂の頻度ってどれくらい?シャンプーの頻度と温度は?

ペット・生き物

犬を飼っていると気になるのがお風呂の頻度だったりしますよね。

人間は毎日お風呂に入るけど、犬はどれぐらいの頻度で入れれば良いのでしょうか?
また、シャンプーの頻度や温度も気になりますよね。

 

犬のお風呂は、室内犬と室外犬でその頻度は異なります。

季節にもよりますが、一般的に室内犬では月1回、室外犬では二週間に1回が目安とされています。

これはあくまで目安の頻度なので、少し臭いがきつくなってきたなという時や雨上がりの散歩や泥んこ遊びをしたときなど、大きく汚れたときは早めに洗うようにしましょう。

 

逆にお風呂にいれずにあまり放置しすぎると、臭いだけでなく犬の毛がボサボサになってしまったり皮膚病になってしまうこともあります。

適切な頻度でお風呂にいれることを心がけましょう。

犬のお風呂の頻度は頻繁な方が良い?

人間が毎日お風呂に入るのに対して、犬のお風呂の頻度は月に1回~2回。

きれい好きな飼い主さんは、そんなにお風呂にいれなくて大丈夫なの?と不安に思われるかもしれませんね。

 

犬の皮膚は、実は人間の皮膚よりも薄く非常にデリケートな作りになっています。

そのため、頻繁にシャンプーをしすぎてしまうことで、必要な油分まで落としてしまい、病気の原因となってしまうことがあります。

犬にとって良かれと思ってしたことが、逆効果になってしまうかもしれません。

 

 

犬の皮膚はデリケートなので、シャンプーも人間のものとは別の犬専用のものを必ず使うようにしましょう。

人間のものをつかってしまうと、犬には刺激が強すぎて皮膚が傷つく原因になってしまいます。

 

もちろん、犬の皮膚はデリケートだからなるべくお風呂に入れない方が良いということでもありませんよ。

汚れが溜まりすぎると、臭いだけでなく犬が病気になってしまう可能性も出てきます。

清潔にすることを心がけて、やはり適切な頻度でお風呂に入れてあげることが大切です。

 

犬のお風呂、毎日入れたい場合は?

そうはいっても、泥んこ遊びをしてきたり、雨上がりの散歩など犬も特別汚れてしまったり、夏は臭いが気になったりしますよね。

そういうときにも、頻繁にお風呂にいれることは犬にとって良くないことなのでしょうか?

 

犬は皮膚が弱く、あまり頻繁にシャンプーをすることは良くないとされていますが、かと言って汚れたままにしておくことが決して良いこととは言えません。

泥んこ遊びをしてきたときにはしっかりと洗ってあげる方が良いですね。

 

それ以外、例えば夏に少し臭いが気になる場合や、毎日の散歩の汚れが気になるという場合には、シャンプーをする通常のお風呂とはべつに、お湯に浸からせるだけの入浴の機会を作ってあげるのが良いかもしれません。

 

 

シャンプーをしなくても、毛の表面についた汚れを落とすことができるので大分違いますよ。

湯船にお湯を張って、首もとまで浸からせてあげましょう。

 

シャンプー抜きの入浴だけであれば、毎日入ったとしても犬の皮膚に負担はかからないので大丈夫です。

お風呂好きの犬は喜ぶかもしれませんね。

 

犬のお風呂の温度はどれぐらいが適切?

そんなデリケートな皮膚を持つ犬のお風呂ですが、温度はどれぐらいにするのが適切なのでしょうか?

 

犬の皮膚は人間より薄いため、熱すぎるお湯はよくありません。

人間の適温は犬にとっては熱湯のように感じられる温度です。

設定温度は人間よりも低めの37度から38度に設定しましょう。

 

また、お湯の温度については犬によっても好みがあるので、それよりも低めの温度であれば下げても良いかもしれません。

夏は30度ぐらいをちょうど良いと感じる犬もいるようですし、子犬のころは35度ぐらいが気もち良いと感じるようです。

 

特に小型犬はお湯の温度に影響を受けやすいので、はじめはもう少し低い温度からスタートして様子を見ても良いかもしれません。

 

高い温度のお湯をかけてしまうと、皮膚が炎症を起こしてしまうこともあるので、初めてのお風呂の時にはいきなり思いっきりお湯をかけずに注意してあげましょう。

 

お湯をかけた時の犬の様子を見ながら飼い主が適温を見極めてあげましょうね。

 

まとめ

室外犬か室内犬か、お風呂好きかそうでないか、犬によっても季節によってもお風呂の頻度は様々になってくるかもしれませんね。

 

お風呂好きの犬であれば、シャンプーをするお風呂とは別に水浴び感覚で頻繁に入浴をしたり、その犬にとってベストな頻度でお風呂に入れてあげられることが一番です。

 

お風呂では、犬専用のシャンプーを使うようにして、温度に気をつけてあげましょう。

人間よりも低めの温度、目安は37度から38度に設定することがポイントです。

 

初めてのお風呂の時には、いきなり熱いお湯をかけずに反応を見ながら調整してあげてくださいね。

特に子犬や小型犬は温度に影響を受けやすいので、注意してあげることが大切です。

 

犬にとっても飼い主にとっても最適な頻度でお風呂に入れることが出来ると良いですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました