google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

虫除けハーブで嫌なゴキブリの侵入を防ごう!ヒントは香り⁉

家事(掃除・洗濯)

ゴキブリの侵入を妨げたいけど毒性の強いお薬を撒くのには抵抗がある…

 

特にお子さんやペットへの影響が気になりますよね。

そこで安全に虫除けが可能なハーブを活用してみませんか!?

 

虫にはそれぞれ苦手な香りがあります。

実際にハーブの鉢を育てて置いたり、

ポプリやスプレーにして香りを漂わせることで

侵入を防ぐ効果があります。

 

ゴキブリは、ミント(ハッカ)やキャラウェイ、

レモングラスの香りを嫌がります。

 

つまり忌避効果(きびこうか)

=近寄って欲しくない相手に嫌なニオイを発し、

近寄らないようにする効果があるということです。

 

人に優しいハーブの香りでゴキブリの侵入を事前に防ぐ方法をご紹介します。

 

ゴキブリにはミントが効果的⁉これで侵入を完全シャットアウト!

ゴキブリは気温20度~32度で活発に活動します。

これ以下、以上の気候になると動きは鈍くなるので

冬や猛暑に見かけることは少ないですよね。

 

ベランダや排水溝、玄関など一瞬の隙間をついて侵入してきますが、

何故わざわざ家の中に入って来るのでしょうか?!

 

家の中はゴキブリにとって最適な環境が整っているからです。

 

・適温

ゴキブリは、寒過ぎたり暑過ぎると

死んでしまったり卵が孵化出来なくなります。

室内は外より過ごしやすく繁殖する環境としても適しているのです。

 

・食べ物を求めて

床に落としてしまった食べカスや髪の毛、

キッチンの生ごみを食べるために侵入してきます。

特に玉ねぎやじゃがいもが好みのようです。

 

・水分を補給するため

ゴキブリは水がないと生きていけません。

シンクや洗面所にわずかに残った水分を求めてやってくるのです。

 

 

ここでハーブの出番です。

ゴキブリの嫌いな香りで侵入を防ぎましょう。

 

 

・キャラウェイ(セリ科・2年草)

ゴキブリはキャラウェイの香りが1番嫌いです。

キャラウェイは草丈30〜60cmに到達する草本で、

小さな白い花を咲かせます。

 

スパイスとよく使われており、パンやチーズと相性がとても良いです。

人には穏やかで、甘く爽やかな香りに感じますが、

ゴキブリはこの香りが苦手なのです。

 

 

・ミント(ハッカ)

料理やケーキの彩りにちょこんと乗っているミント。

スーッと清涼感のある良い香りがしますよね。

 

ミントにはアップルミント、ペパーミントなどいくつか種類がありますが、

どの種類でもゴキブリは嫌がる傾向があります。

 

 

・レモングラス(イネ科・多年草)

私はこの香りが大好きで、部屋でアロマオイルを使うこともあるのですが、

ゴキブリにとっては嫌いな香りなのです。

 

柑橘系の香りに弱く、ゴキブリにレモン汁をかけると

d-リモネンという成分が働き、体が麻痺させるほどの効果があります。

 

これら3つのハーブは比較的身近で手に入りやすいので、

ぜひ試してみてください。

侵入を防ぐためには、窓際、ベランダや玄関などの

外と内の境界にハーブを置くと効果的です。

水回りから侵入する可能性もあるのでキッチンに置くのもおすすめです。

 

ただし、置く前に必ずその場を清潔にしておく必要があります。

1度侵入して既にここにエサや水分があるとわかっている場合、

多少嫌な香りがしていてもゴキブリは根性で突破してきます!

 

よって、まずはお部屋の掃除をしてゴキブリの好物を取り除いた上で、

ハーブを設置することが重要です。

 

また、ハーブの中でもゴキブリに好まれてしまうものもあります。

例えば、

 

・アニス(セリ科)

キャラウェイと同じくセリ科の植物ですが、こちらは全くの逆効果。

香辛料としてクッキーや鳥料理に使われます。

 

・バニラビーンズ(ラン科)

バニラを観葉植物として置いてある分には問題ありませんが、

種を乾燥させた時に出るあの甘い香りがゴキブリを引き寄せてしまいます。

 

これらの甘い香りはゴキブリが好んでやってくるので、

侵入を防ぐハーブとしては不向きです。

 

 

虫除けハーブスプレーを作ってみよう!

実際にハーブを育てるのはちょっと…

という場合でも香りさえあれば良いのですから、

ハーブのスプレーを作ることで解決出来ます。

 

(準備するもの)

・無水エタノール10ml

・ハッカ油20~60滴

・精製水90ml

・スプレーボトル(遮光性があるとより良いです)

 

まずは、無水エタノールとハッカ油をスプレーボトルに入れ混ぜます。

その後精製水を入れ、更に混ぜれば完成です。

 

ハーブを置いた所と同じゴキブリが侵入してくるであろう場所に

スプレーしましょう。

香りがしなくなると効果がなくなるので、

定期的に吹きかけ、2週間程度で使い切るようにしましょう。

 

今回はハッカ油を使用しましたが、ゴキブリが苦手な香りであれば

他のオイルでも構いません。

 

また、ポプリやサシェで香らせることも出来ます。

オシャレなインテリアにもなりますし、

これがゴキブリ防止のアイテムだなんて誰も思いませんよね。

 

 

まとめ

 

ゴキブリの侵入は出来るだけ防ぎたいですよね。

あの鉢合わせた時のショックははかり知れません。

 

強い薬はかなりの効果がありますが、

使うと人への影響が気になります。

安全で人に優しいハーブの香りでゴキブリの侵入を防ぎましょう。

 

ただし、妊娠中の方はハーブを控えた方が良い場合がありますので、

お医者さんに相談してから使用するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました