google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

キッチンの油汚れ落としには!?洗剤に代わるおすすめアイテム‼ 

家事(掃除・洗濯)

キッチンが綺麗だと気分も上がりますよね。

でも毎日完璧に掃除するのは面倒・・・

 

そんなあなたにピッタリのグッズを紹介します。

それはメイク落とし!

いつも使っているメイク落としでキッチンをピカピカにしましょう!

 

シンクに白い汚れが!掃除してもとれない?

綺麗に使っているつもりなのにシンクに白い汚れがついている。
これは水に含まれるカルキやミネラルなどが残った「水垢」です。

 

地域や水源によって水の質が違いますので、引越ししたら急に水垢が気になるようになった!
というご家庭も多いのではないでしょうか。

 

 

 

水垢を事前に防ぐには、
濡れたら拭き上げる!水滴を残さない!というのが理想です。
とはいえ毎日何回も使うシンク。完全に毎回拭き上げるのは難しいですよね。

 

水垢を落とすための方法をネットで調べると、
「クエン酸」「お酢」がいいそう。我が家では早速夫が実践してくれました。

 

今回はクエン酸を使いました。

簡単に説明すると、

①水にクエン酸を混ぜる

②気になる場所に噴霧

③キッチンペーパーで覆う

④しばらく置いたあとゴシゴシする

 

30分ほど置いてキッチンペーパーを剥がしたところ、まだ水垢がウロコ状になっていたので半日ほど置いて再度磨いていました。

 

確かに磨いた直後はキレイになりました。
ところが、翌日にはまた新たな水垢ができていたのです。

 

この工程を毎日やらなければならないのでしょうか?
私には無理!でもキレイなキッチン・・・
・・・やっぱ無理!!

 

特に④暫く放置してゴシゴシが無理!
料理して洗い物して④をしている間に「お玉洗い忘れてた!でも今シンク使えない!」となるのが目に見えます。(洗いわすれ、よくやりますよ・・・ね?)

 

「ついでに」できるシンクのラクラク掃除

元はといえば手袋をして洗い物をするのもめんどくさいのです。

そんな私が手袋をしてシンクを毎日ゴシゴシするなんて、出来るとは思えません。

 

そんな私が「ついでに」できるラクラク掃除が化粧落としでのお掃除です。
手袋と放置時間が不要なので簡単に掃除することができます。

 

きっかけは多めに出てしまったクレンジングシート

私は旅行用にシート状のメイク落としを常備しています。
旅行へ行ったときには特に便利です。

旅行だけではなく、その後使わないと乾燥しそうで勿体ないので旅行へ行った後も残ったシートでメイクを落としています。

 

ある日シートを取り出す時に、2枚が貼りついた状態で出てきてしてしまいました。
容器に戻すことが難しそうでしたので、そのとき手に持っていた手鏡を拭いてみることにしました。

すると、指紋やファンデーションの粉で曇った鏡がスルスルとあっという間にキレイになりました。

 

「これは楽しい!」「まだ使えるから何か拭きたい!」
まだクレンジングシートに余力がありそうでしたので、キッチンのシンクを拭いてみたところ水垢がみるみる取れていきました。

 

メリットが沢山!

キッチンの油もよごれもおとしてくれるメイク落としは「皮脂汚れ」も落としてくれます。

 

同じ油ならいけるのでは?と思ったらやはり!

コンロ周りの油よごれも綺麗になりました。

 

私が実感したメリット

・素手で良い手袋をはめなくて良い!
これだけでもかなり楽です!元々顔に使う化粧落としなので、堂々と素手で使っています。

・時短になる
クエン酸と異なり、塗布後に時間を置く手間が省けます。

・エコ
私はメイクを落とした後に残った、まだ使えそうなシート部分(端のほうなど)を使って拭いています。
汚れや水垢の範囲が広くてシートが足りないなというときもあります。

その日に汚れが落とし切らなくても大丈夫。
明日もシート使うしその時でいいや、という気楽さがあります。(勿体なくて新しくシートを出すのは気が引けるので)

・新しく掃除用具を買う必要が無い。
家に何本も洗剤や掃除用具があると、場所をとります。

メイク落としなら家にあるので、新たに買いそろえる必要もありません。
試供品や古くなったメイク落としも使えます。

「肌に合わなかったけれど捨てるのは勿体ない」
「試供品を貰ったけれどいつも使っているものがあるからいらない」など、
お家の中で眠っている化粧落としが実は優秀な掃除グッズになるかも。

 

おすすめは「二度ぶき不要」と書かれたクレンジングシート

べたつくこともなく、使い勝手が良いです。
またシート状になっていると、新たにスポンジを買う必要がありません。

掃除用のスポンジ置き場が不要なのでキッチンまわりがとてもスッキリ見えます。

 

クリーム系、オイル系は使いづらい?

化粧落としによってはそのままでは曇ってしまったりその後洗剤を使ったり水で流したり拭き取った方が良いものもあります。

いきなりキッチン全てに塗り広げるのではなくシンクの小さい範囲などで試してから使ってみてくださいね。

 

まとめ

よく使うキッチンだからこそ、手間をかけずにキレイをキープしたいもの。

「ついで拭き」で汚れが溜まる前に対策を!ピカピカキッチンで心も晴れやかに。
キレイを保ちましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました