google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

焼津漁港親水広場『ふぃしゅーな』 磯遊び、釣り、漁港だから魚も美味しい!

レジャー・旅行・イベント

焼津漁港親水広場「ふぃしゅーな」は、2009年3月、海と親しむことをコンセプトに、焼津漁港にオープンしました。

 

潮だまりやフィッシングゾーン、砂場や池もあり、子供も大人も海を身体いっぱいに感じることができます。漁港なので美味しい魚を食べたり買ったりできるのも魅力です。

 

今回は焼津漁港親水広場ふぃしゅーなのお出かけ情報をまとめました。

 

・ふぃしゅーなや、周辺の見どころ

・おいしい海の幸のランチ情報

・持ち物や服装についての注意点

・アクセス方法

その他にもお役立ち情報をご紹介していきます。

 

ふぃしゅーなって、どんなところ?

焼津漁港親水広場ふぃしゅーなには、潮だまり、修景池、白砂と松の広場、展望広場、フィッシングゾーンがあります。

 

各ゾーンについて

・潮だまり

海の干満を利用して駿河湾の海水を引き込んでいて、海の生物と触れ合うことができます。

よく見られる生物が看板に表示されています。

 

干潮の時間でないと潮だまりはできないので、自分が遊びたい時間帯と、干潮の時間帯が合っている日を選んで遊びに行きましょう。

 

焼津の潮位予測はこちら

 

岩場はとても滑りやすいので、必ずマリンシューズなどの足にフィットして滑りにくいものを履きましょう。

 

磯には日陰がないですし、転んだときに身体を守ってくれるので、ラッシュガードや帽子も欠かせません

 

小さな魚がたくさん泳いでいるので、子供たちや親御さんが網を持ってがんばるのですが、すばしっこくてなかなか捕まりません。

 

岩場にカニがたくさんいますが、捕まえようとすると岩の隙間に逃げ込んで、これもなかなか難しいです。

 

棒の先に糸を垂らしてスルメをつけて、カニ釣りをしている家族も見られました。

 

これは根気は必要ですが結構釣れるようで楽しそうでした。手を挟まれると結構痛いので、持ち方も教えてあげましょう。

 

・修景池

浅いプールのようになっているので、小さいお子さんでも遊べます。マナー違反なのですが、散歩中の犬を入れる人がいるのはちょっと気になるところです。

 

滑りやすいので、必ずマリンシューズなどの足にフィットして滑りにくいものを履きましょう。

 

こちらも日陰が少ないですし、転んだときに身体を守ってくれるので、ラッシュガードや帽子があると安心です。

 

・白砂と松の広場

白い砂で砂遊びができます。砂のあるところは日陰が少ないですので、帽子を被りましょう。

 

時々松の下で水分補給して、熱中症に注意してください。

 

・展望広場

焼津漁港や駿河湾、天気のいい日には富士山が見えます。

 

・フィッシングゾーン

フィッシングゾーンでは、道具を持って来れば釣りを楽しむことができます。

柵や救命浮き輪があるので安心です。

 

ご迷惑にならない程度に、釣っているところを見学したり、どんな魚が釣れたか見せてもらったりすると、子供は喜びます。

 

日陰がないので帽子や熱中症対策は忘れないようにしましょう。

昼食について

隣の「うみえ~る焼津」の2階がレストランになっていて、海の幸を味わうことができます。

営業時間や定休日が独特なので、ホームページ等でご確認ください。

 

 

まぐろ茶屋についてはこちら

ととや新兵衛についてはこちら

 

また、車で5分程度の場所に、漁師さんが食事をする小川港魚河岸食堂があります。

 

歩けないことはありませんが、真夏の太陽の下を子連れで歩くのはたいへんでした。

お子様ランチもあり、お値段が手ごろなのがうれしいです。

 

漁師さん向けのお店なので営業時間が7時から14時です。

 

小川港魚河岸食堂についてはこちら

 

服装・持ち物等について

水着や着替えが必要です。日陰がとても少ないので、ラッシュガードや帽子をお持ちください。

 

岩場が滑りやすいので、マリンシューズなどを履きましょう。

 

潮風が結構強いので、体が冷えないように気をつけてください。

 

砂遊びの道具や、水遊びの道具、網、捕まえた生き物を観察するケース、カニ釣りの道具、釣り道具、ボールなど、お好みに合わせてお持ちください。

 

日陰をつくるために簡易テントを持って来る方もいます。

 

ふぃしゅーなへのアクセス・その他

ふぃしゅーなは看板は出ていますが、タクシーの運転手さんでも名前と場所を把握していない方がいました。

 

隣にある「うみえ~る焼津」「アクアス焼津」を目印にお越しください。

 

焼津駅から自主運行バス「ゆりかもめ」も出ています。1時間に1本程度の頻度で、焼津駅よりバスで10分、アクアス焼津 下車です。タクシーでも5分程度です。

 

アクアス焼津へのアクセスはこちら

 

営業時間、休園日について

ふぃしゅーなには営業時間や休園日は特にありません。隣の「うみえ~る焼津」の施設にはそれぞれに営業時間や休業日がありますのでご確認ください。

 

やいづとくさんプラザについてはこちら

ヤイヅツナコープの店舗情報はこちら

まぐろ茶屋の営業カレンダーはこちら

ととや新兵衛の店舗情報はこちら

 

ふぃしゅーなの料金について

無料です。

 

授乳室等について

授乳室はありませんが、多目的トイレはあります。ふぃしゅーなにも外の多目的トイレがあります。

 

うみえ~る焼津が開いていれば、そちらのトイレを使うこともできますが、水浸しや砂だらけで入ることはやめましょう。

 

その他の見どころ

隣に「うみえ~る焼津」「アクアス焼津」ビーチバレーのコート、近隣に「深層水ミュージアム」があります。

 

・「うみえ~る焼津」は焼津の特産品である水産物を味わったり買ったりしてもらうために作られた施設です。

 

うみえ~る焼津についてはこちら

 

●「アクアス焼津」は深層水を利用した有料施設で、フィットネスやプールなどがあります。

 

アクアス焼津についてはこちら

 

●「深層水ミュージアム」は、日本一深い駿河湾からもたらされる深層水の取水池である焼津で、深層水について知ってもらうための施設です。

 

無料で見学できますし、深層水を買うこともできます。

 

深層水ミュージアムについてはこちら

 

●ビーチバレーのコートは白い砂がいっぱいです。

使っている方々のご迷惑にならなければ、入ることができます。

 

まとめ

焼津港親水広場ふぃしゅーなは、なかなかできない磯遊びが安心してできることが最大の魅力です。

 

子供が、滑って転んだりカニに挟まれたりして泣くこともありますが、すぐにたくましくなります。

 

釣りをしているところを見るだけでも子供は興味津々で、時間を忘れます。

 

海水浴などで行く海とは違う海の姿を楽しめる場所です。

タイトルとURLをコピーしました