宅配のお弁当は高齢者に最適!?おすすめの宅配お弁当を紹介!

住まい・暮らし

 

ご高齢の両親を持つ子として、気になってしまうのが食事。

普段から近くに居れば色々とお手伝いする事もできますが、核家族化が進む昨今ではお仕事やご家庭の都合で中々そうもいかないですよね。

そんな時におすすめなのは宅配のお弁当。

 

冷凍や常温、制限食、やわらか食などそのバリエーションは様々!

バリエーションが豊富なだけでなく、安心も一緒に購入する事ができます。

 

今回はそんな宅配のお弁当のメリットをお伝えしていきたいと思います!
 

産後におすすめの宅配弁当についてはコチラで詳しく書いています。
産後に宅配弁当やミールキットがおすすめな理由!無理をすると後で後悔するかも!?

 

 

宅配お弁当で高齢者にもおすすめできるのはこれ!口コミから選んだ3選はこちら!

 

需要が増えた影響で様々な外食産業が進出してきている宅配お弁当。

選択肢が増えるのはとてもありがたい事ですが、あまりにたくさんありすぎて悩んでしまいますよね。

 

この項ではネットでの口コミをもとに、おすすめの宅配お弁当を3社選びました。

 

ワタミの宅食

 

冷蔵状態で宅配してくれるお弁当。

ユーザーに適した品数やご飯をつける、つけないも選べるのが利用者から好評を得ています。

 

何かに特化したような特筆すべき特徴がないのは、ユーザー目線であることの何よりの証拠です。

お値段に関しても、送料及び消費税を含めても500円を切るお値段のメニューもありコストパフォーマンスに優れるといった声も多く見受けられます。

 

基本的に自社配送で、「まごころスタッフ」と呼ばれる宅配員さんが手渡しで届けてくれます。

配送業者を介さない分お値段を抑える事ができているのかもしれませんが、この「まごころスタッフ」さんの手渡しを基本とする配送方法が返って好評を得ています。

 

毎日手渡しで届けてくれていると言うことは、安否が確認できると言うことですのでご高齢の両親だけでお住まいの場合も安心です。

 

また、魚料理がすごく美味しいと言う口コミがあります。

最初に紹介したのには理由があって、このワタミの宅食は2010年より高齢者宅配市場での売り上げがナンバーワンです。

 

ワタミの宅食
毎日の食事の手間を減らしたいあなたへ『豊富なメニュー』と『バランスのよさ』で選ばれ続けて9年連続売上シェアNo.1※「ワタミの宅食」

 

ベネッセのおうちごはん

 

子供の学習から有料老人ホームまで幅広くユーザーに寄り添うベネッセ。

宅配弁当も非常におすすめのサービスになっています。

 

豊富な種類があるのが人気の最も大きな理由で、ご飯付き、おかずのみを選択できるのも嬉しいポイントであるとの口コミが多数見られます。

 

まだまだ少しくらいの家事ならできる!ごはんの硬さにはこだわりがある!

といったご高齢者さんにもおすすめですね。

 

こちらも手渡しが基本ですので安心してお任せする事ができます。

 

ご高齢者向け宅配弁当なら株式会社ベネッセパレット
株式会社ベネッセパレットは、東京にお住いの高齢者の方々へ栄養バランスのとれた宅配弁当をお届けします。

 

まごころケア食

 

今までの宅配お弁当が常温で配達されるのに対し、まごころケア食は冷凍で届くのが特徴です。

 

高齢者向け配食サービスの老舗である株式会社シルバーサービスが作った冷凍お弁当ですから、ご高齢の方に向けていると言うのは一目瞭然かと思います。

 

先程までの、常温のお弁当とこの冷凍お弁当のメリットデメリットは次の項でお伝えしますのでここでは省略いたしますが、このまごころケア食の最大の人気ポイントは豊富な「コース」にあります。

高齢者向けの「やわらか食」があるのはもちろんのこと、「糖質制限食」「塩分制限色」といったバリエーションが豊富な事が特徴でありメリットであるといった口コミが多く見受けられます。

 

申し込むセット数を増やすと割引きが効くのが嬉しいといった口コミがある通り、まごころケア食は2セット(14食)申し込むと、最初にお伝えしたワタミの宅食に匹敵するコストパフォーマンスを発揮します。

 

TOPページ / シルバーライフ
【まごころケア食】はカロリー調整食、糖質、塩分制限食などもご用意。まごころ弁当、まごころ食材も運営する株式会社シルバーライフ。管理栄養士監修で送料無料。人気の「まごころ定期便」。糖尿病、腎臓病のお客様にも優しい食事メニュー。保存に便利な冷凍タイプで全国宅配。

 

高齢者の宅配弁当は常温が良い?冷凍が良い?それぞれのメリットデメリットはこれ!

 

口コミからみたおすすめ宅配お弁当はいかがだったでしょうか。

その中でも出てきた、常温と冷凍お弁当の選び方をご紹介していきたいと思います。

 

勘の良いあなたならすでにお気付きかもしてませんが、なんといっても安心を選ぶのであれば常温のお弁当。

各社独自の宅配員さんが手渡しでお弁当を届けてくれますのでご両親の安否が気になる方にぴったりのサービスになります。

 

ある程度人道的配慮に頼る部分ではありますが、万が一の時には注文社であるあなたに連絡が来ますので安心して過ごす事ができますね。

また、宅配員さんとのちょっとしたコミュニケーションが嬉しいといった利用者本人からの口コミもあります。

 

デメリットとしては常温ですから、基本的に日持ちがしない事。

 

ご高齢ともあれば日々の食欲にばらつきがあるのは仕方のない事です。

今日はどうしても食欲がなくて…と言う時もお弁当は届いてしまいますので、たまに無駄になってしまう事もあります。

 

もちろん、身体のことを考えると毎日食べてくださるのが一番なんですけどね!

 

常温の宅配お弁当のデメリットを解消したのが冷凍のお弁当です。

冷凍ですから、ものによっては半年近く賞味期限があるものもありますので、どうしても食欲がない。今日は全部食べられそうにない。といった時には未開封のまま冷凍しておけば後日食べる事もできます。

 

食欲が安定しない方には、冷凍のお弁当の方が負担が少ないのは確かです。

また、配送頻度に関しても冷凍お弁当はある程度の日数分まとめて送られてきますので決まった時間に家にいなくてはならない。といった若干の煩わしさから開放されるのもメリットです。

 

まだまだアクティブに外出したり、自分で栄養バランスをコントロールしながら好きなものを好きなだけ食べていきたいといった高齢者には冷凍の方がおすすめになります。

 

 

まとめ

 

高齢者のご両親を持つと、大好きな親族だからこそ色々と心配事は増えてきます。

特に食に関しては、「ちゃんと食べているかしら?」や「買い物大変じゃないかしら?」といった不安材料はたくさんありますよね。

 

そんな不安材料を一気に解消してくれるのが宅配お弁当です。

親孝行にもなりますので、是非とも前向きな検討をしてみてください。

 

私もこの記事を書くのにお試しコースを注文してみました。

とても丁寧に調理されているな。と言うのが率直な感想です。

 

魚の骨は綺麗に取り除いてありますし、常温・冷凍共に味は非常にしっかりしている割にしつこさがない万人受けするお料理だと感じました。

それもそのはず、冷凍のお弁当さんは栄養管理士さんがしっかりと栄養バランスを考えてメニューを作成してくれているのです。

 

量に関しては、40代女性が食べて寝る前にちょっと小腹が空くかな。といった量といえばお分かりいただけるでしょうか。そうです、微妙に抑え気味なのでご高齢者でも食べ切ることは十分可能なのです。

試した期間は2週間でしたが、毎日違うレシピが入っており毎日「今日の夕飯は何かな?」という子供の頃のワクワクが蘇ったような感じです。

 

是非とも前向きに検討してみてはいかがでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました