google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

2歳の子どもの前歯に虫歯ができた⁉

美容と健康

まだまだ大丈夫だと思っていたら…

2歳の子どもの前歯に虫歯が!!!

 

 

しかし2歳の子どもの中には歯磨きを嫌がってしまう子がいます。

そんな時におすすめの方法を紹介します。

 

 

歯磨きを頑張っている子どもをたくさん褒めてあげましょう!

 

お子さんが歯磨きを頑張ったらたくさん褒めてあげましょう。

他にも歌を歌ってあげたりジェルの歯磨き粉を使うのもいいでしょう!

 

歯磨きは虫歯予防にとても大切です!

そんな歯磨きは毎食後行い1日3回がもちろん理想です。

 

しかし忙しかったり、子どもが嫌がったりなかなか思い通りにはならないときは…

 

夜寝る前は仕上げ磨きまできちんと行ってほしいです!

それ以外は徐々に無理のない程度で増やしていきましょう。

 

歯磨きが行えない時はうがいだけでもするようにするといいです。

 

2歳の子どもが歯磨きを嫌がる…解決方法はある⁉

 

歯磨きを嫌がる子どもは多いですよね…

特に仕上げ磨きを行うときは泣いて嫌がる子どももいます。

 

実際私も歯磨きを嫌がる子どもに苦戦しました!

ここでは私も実践した解決方法を紹介します。

 

 

①歯磨きを頑張っている子どもをたくさん褒める

 

子どもはお母さんに褒められることがとても嬉しいのです!

嫌な歯磨きを頑張っている子どもをたくさん褒めましょう。

もちろん歯磨きをしている最中と終わったあと両方褒めてあげることが大切です!

 

 

②歌を歌ってあげる

 

歯磨きの歌は調べてみるとたくさんあります!

歌が好きな子どもが多いので歯磨きをするときに歌ってあげると喜んでくれます。

私の子どもは毎日歌っていたのでその内にその歌を口ずさむようになりました。

 

 

③歯磨き粉を使う

 

子ども用の歯磨き粉は甘くパイナップルやグレープの味がするものが多く発売されています!

仕上げ磨きの時にその歯磨き粉を付けることで嫌がらなくなってくれるかもしれません。

私の子どもも歯磨き粉を付けてと自分からお願いしてくるようになりました!

 

 

どの方法が子どもに合うかいろいろ試してみることが大切です!

早く合う方法を見つけてあげることで自分も子どもも楽になるでしょう!

 

 

 

2歳の歯磨きの回数…理想は何回⁉

 

 

歯磨きの理想の回数はもちろん毎食後の3回です!

 

おやつを食べるのであればその後にも歯磨きを行うのが理想です。

 

 

しかし忙しかったり、嫌がったり思い通りにならない時もありますよね…

 

無理して歯磨きをするとお母さんも大変で、子どもも歯磨きがどんどん嫌いになってしまいます。

 

そうならないために徐々に慣らすことが大切です!

 

夜寝ているときは1番虫歯になりやすいので、夜だけはしっかり仕上げ磨きを行いましょう!

 

仕上げ磨きは夜だけにして後の2回は自分で歯磨きをさせるだけにしたり、2回はうがいだけにしたり無理のない程度に行っていきましょう。

 

先ほど紹介した歯磨き嫌いを解決するための方法を試してみて、歯磨きに慣れてきたら回数を増やします。

 

 

歯と歯の間があまりない子はその間に食べかすや歯垢がたまりとても虫歯になりやすいです。

 

それを予防するためには歯間ブラシが効果的です!

 

 

少しずつ歯間ブラシに慣らしていきましょう!

虫歯になるリスクをかなり下げることができます。

 

 

 

まとめ

 

 

歯磨き嫌いな子どもには困ってしまいますよね…

 

歯はとても大切なので子どもの歯を守ってあげたくても

歯磨きをさせてくれないとなると難しいです。

 

 

そんな歯磨き嫌いな子どもに歯磨きを好きになってもらう

解決方法は以下の通りです。

 

 

①褒めてあげる

②歌を歌う

③歯磨き粉を使う

 

 

子どもにある方法を見つけてあげましょう!

 

 

歯磨きの理想の回数は毎食後の3回です。

 

 

しかし難しい時もありますよね…

 

夜は虫歯になりやすので仕上げ磨きを行いましょう!

 

朝と昼の食後は自分で歯磨きをさせるだけにしたり

うがいをさせたりしてみましょう!

 

 

徐々に増やしていくことで無理なく歯磨きをすすめていけます。

 

 

歯磨きを嫌がらなくなってきたら歯間ブラシで

歯と歯の間をきれいにすることも大切です。

 

特に歯と歯の間がない子は注意しましょう!

タイトルとURLをコピーしました