google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

へそのごまの正体は?

美容と健康

赤ちゃんのおへその掃除の仕方は?

 

へそのごまの正体は?一体何でしょうか?

 

「おへそをいじるとお腹が痛くなる」とよく言われますが、本当でしょうか?

おへそを掃除したり、へそのごまを取ったりすることは必要なのでしょうか?

 

必要だとしたらどうやってしたらよいでしょうか?赤ちゃんのおへその掃除はどうしたらいいでしょうか?

 

今回は、へそのごまの正体と、おへその掃除の仕方についてまとめました。

 

 

へそのごまの正体は?

 

へそのごま、気になりますよね。あれは何でしょうか?

 

私も子供の頃に気になってほじってみて、赤くなってしまった記憶があります。

一言で言うとごみが溜まったものです。

 

おへそは汗をかかないそうですが、おへその皮膚にも新陳代謝がありますから、古くなった角質が剥がれます。

 

また、おへそは凹んでいるため、服の繊維やホコリ、石けんカスなどがたまりやすい部分でもあります。それらが集まって固まったものがへそのごまです。

 

おへその中には細菌もいて、ノースカロライナの「へそ生物多様性」という研究グループが行った研究によると、一人のおへそに29~107種類もの細菌がいて、その生態系は一人一人大きく異なるそうです。

 

おへその中の細菌数はトイレの便器よりも多いという報告もありますが、慌てないでください。

ほとんどは無害で、人間にとって有益な細菌も多く、便器よりも汚いわけではありません。

 

しかし、全く掃除をしないで不潔にしておくと、炎症や臭いの原因になることもあるので、お手入れは必要です。

 

何十年も放っておくと、へそのごまがだんだん大きくなり、ビー玉のようになるそうです!

 

テレビ番組で、そんな巨大なへそのごまを取るという企画をやっているのをちらっと見たことがありますが、思い出したくない光景でした。

 

 

おへその掃除の仕方は?へそのごまの取り方は?

 

 

通常でしたら、毎日お風呂に入って身体を洗う時に、おへその中も指や指に被せた浴用タオルやガーゼでやさしくくるくる洗ってあげるだけで十分です。

石鹸を使った場合は、石けんカスが残りやすいのでしっかり流しましょう。

 

 

へそのごまがこびりついて取れない場合は、オリーブオイルやベビーオイルをおへそにたらし、ふやかしてからやさしく綿棒でこすります。

 

たくさんたまっている時は無理に1日で取ろうとすると、腹痛や出血をおこしたり赤くなって痛くなったりすることもありますので、少しずつ掃除しましょう。

 

終了後はオイルを、拭き取るか洗い流します。

おへその掃除キットも売っているそうです。

 

テレビ番組で何十年もののへそのごまを取った企画でも、オイルでふやかして少しずつはがしていたと記憶しています。

 

そうかといって、やり過ぎはよくありません。

「おへそをいじりすぎるとお腹が痛くなる」と言われますが、これは一概に迷信とはいえないのです。

 

おへその部分はもともと外とつながっていた部分であり、凹んでいる分だけ皮下脂肪や筋肉が薄くなっています。

 

そのため、傷ついた時にバイ菌が体内に入りやすいですし、腹膜や腸を直接刺激して腹痛を引きおこすことがあるのです。おへその掃除はやさしく行いましょう。

 

 

赤ちゃんのおへその掃除の仕方は?

 

生まれたばかりの赤ちゃんのおへそには、まだへその緒がついています。

生後数日~数週間でへその緒は自然に取れますが、まだじくじくしていて出血しやすくなっています。

 

きれいに乾くまで1カ月くらいは毎日お風呂上りに消毒をしてあげましょう。

消毒の仕方はお産をした時に教えてもらえます。

 

うちの子の場合は、出産後、退院するまでの間にへその緒が取れたので、看護婦さんが小さな箱に入れてくれました。

 

取れた部分はまだ湿っていますので、退院後、家で箱の蓋を開けておいて、完全に乾燥してから蓋をします。

 

消毒は一カ月健診の時におへその様子をみてもらって、OKが出るまで続けました。

 

 

へその緒が取れた後もおへそに黒い塊が残ることがありますが、かさぶたやほこりが原因と考えられており、徐々にきれいになっていくので心配はいりません。

 

外に続いていた部分がふさがったばかりなのですから、無理をしないで、毎日お風呂上りに綿棒などで水分と一緒にやさしく拭いてあげましょう。

 

ベビーオイルやベビーパウダーは汚れがたまる原因になりやすいので、おへそへの使用は控えた方が無難です。私はベビーパウダーもベビーオイルも用意しましたが、結局使いませんでした。

 

 

いつまでもおへそがジュクジュクしていたり、膿が出たり、赤く腫れていたりする場合は、病院で診てもらいましょう。

 

 

「へそ」が出てくる慣用句

 

 

ちょっと興味が沸いたので、「へそ」が出てくる慣用句を調べてみました。「臍」は「ほぞ」とも読みます。

 

  • へそで茶を沸かす

おかしくてたまらないさま。

 

  • へそを曲げる

怒っていうことを聞かないさま。

 

  • ほぞを固める

決心する。

 

  • ほぞをかむ

後悔する。

 

 

まとめ

 

おへそは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる時に、お母さんから栄養や酸素をもらったり、お母さんに老廃物を戻して排出してもらったりしていた管がついていた場所です。

 

大切な親子のつながりを思いながら、いつもきれいなおへそを保ちたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました