google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

旦那のいびきがうるさい!眠れない!ストレスを溜める前にこれを試して!

美容と健康

夫への不満ランキング第4位がいびきだそうです。

 

旦那さんのいびきがうるさいために眠れない・・・。

悩んでいる人、多いようですね。

 

かくいう私もその一人でした。

家事は手伝ってくれるし、小うるさく言っても怒らないし、いい旦那だと思うのですが、夜中のいびきだけが本当に悩みの種。

 

何せ、いびきをかいているとき本人は眠っているので、起きているときにやめて!と怒っても治らない。治せない。

 

気にしないようにしようと思ってはいるけれど、夜中にふと起きると隣で爆音…。

いったん気になり始めるともう眠れません。

 

夜に眠れないというのはかなりストレスがたまります。

 

実際、いびきを理由に離婚を考える人もいるのだとか。

それぐらい満足に眠れないのは人を追いつめるのでしょう。

 

また、いびきは聞かせられる側だけでなく、いびきをかいている旦那さん側にとってもよくないこと。

 

いびきをかく原因には生活習慣の乱れがあることが多く、放っておくと様々な病気につながってしまうのです。

 

旦那さんに健康で長生きしてもらうためにも、あなたの快適な睡眠のためにも、いびきは治したい!

 

そこでこの記事では、旦那さんのいびきで悩んでいるあなたに解決法を提案します。

 

解決法は全部で5つ。

 

①寝室を別にする。

②横向きで寝てもらう。

③ダイエットしてもらう。

④夜の晩酌をやめてもらう。

⑤専門家に相談する。

 

旦那さんと相談して、やってみてください。

 

いびきがうるさいせいで眠れない! 5つの対策!

寝室を別にする

根本的な解決にはなっていませんが、手っ取り早いのがこの方法。

うるさくて眠れないのなら、物理的に距離を取りましょう。

旦那さんがすんなり認めてくれない場合には、平日だけ別に寝て週末は一緒に寝ることを提案したり、寝た後にこっそりあなただけ移動したりするといった工夫をしてみてください。

 

もしくは旦那さんのいびきの音を録音しておいて、起きているときにそれを聞かせて説得するという手もあります。

 

横向きで寝てもらう

寝る体勢を変えるだけでいびきが止まる場合があります。

何故なら、仰向けに寝ることで舌が喉の奥に落ち込み、それが原因でいびきをかいていることがあるからです。

 

旦那さんがいつも仰向けで寝ているのなら、横向きで寝ることを試してもらいましょう。

意外とすぐにいびきが治るかもしれませんよ。

ダイエットをしてもらう

ダイエットといびきに何の関係が?と思いますよね。

実は太りすぎもいびきの原因の一つ。

 

喉の周辺に脂肪がついていると気道が狭くなり、いびきをかきやすくなるのです。

 

それに太りすぎていて体にいいことは一つもないので、旦那さんの健康維持のためにもダイエットはいい方法です。

 

夜の晩酌をやめてもらう

夜のお酒が習慣になっている旦那さんには、かわいそうですが寝る前のお酒はやめてもらいましょう。

 

アルコールには筋肉を弛緩させる働きがあります。

寝る前にお酒を飲むと、喉の筋肉が緩まり、舌が喉の奥に落ち込んでいびきの原因になるのです。

 

専門家に相談する

これまでの解決法は旦那さんの協力がかかせません。

 

快く提案に応じてくれればいいですが、自分では気付きにくいためにいびき問題を深刻にとらえてくれない人もいます。

 

そこで最終手段として、専門家に相談してみましょう。

 

また、解決法を試してみても改善されない場合も専門家への相談をおすすめします。

 

旦那さんのいびきはある病気の症状かも知れないからです。

 

その病気とは「睡眠時無呼吸症候群」。

 

脳卒中や心臓病になる危険性を高める恐ろしい病気です。

単なるいびきだからと軽く考えず、睡眠外来などを受診してみてください。

 

いびきをかく人・かかない人の差

 

いびきは一般的に男性に多い症状です。

その理由は、男女のホルモンの違いにあります。

 

女性特有のホルモンに気道を開かせる作用があるので、比較的いびきをかきにくいと言われています。

 

しかし、女性でもいびきをかく人はいます。

 

性別以外に、いびきをかく人とかかない人にはどのような違いがあるのか。

以下に、いびきをかきやすい人の特徴をまとめました。

 

○あごが小さい人

○首が短い人

○太っている人

○よくお酒を飲む人

○中年以上の人

○ストレスをためている人

○口呼吸をする人

 

そもそもいびきは眠っている間に何らかの原因で気道が狭くなることで起こります。

 

あごが小さい人や首が短い人は、ちょっと舌が喉に下がるだけで気道が狭まるのでいびきをかきやすくなります。

 

また、太っている人は喉についた脂肪で気道が狭くなっていることが多いのが原因です。

 

お酒、加齢、ストレス、口呼吸はどれも舌を支える筋肉の低下を招きます。

 

体格や加齢など自分ではどうしようもないものもありますが、肥満、飲酒、ストレス、口呼吸は努力で改善できます。

 

自分と周囲の人の健康のためにも改善できるところは改善していきましょう。

 

まとめ

いびきが原因で離婚する夫婦もいるほど、気になる人には耐えられないのがいびきです。

 

もしかするとそのいびきは、あなたの大切な旦那さんの体の不調のサインかも知れません。

 

私が我慢すればいいだけ…とストレスをためる前にいびきを改善する方法を試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました