google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

海外旅行にお金はいくら持って行く?

レジャー・旅行・イベント

2019年のゴールデンウィークは10連休です。

年末年始以外では滅多にない超大型連休ですね。

これを機に海外旅行に行く人も多いようです。

 

海外旅行の準備で一番大変なのがお金です。

特に分かりにくいのが、手持ちの現金をいくらにするかということ。

 

海外旅行にお金を持って行くときは、

現地の通貨に両替する必要があります。

 

念のためにと大金を両替しても、

現地で使わなかったらもったいないですよね?

 

それに、海外はとにかくスリや強盗が多い!

大金を持って知らない土地をうろうろするのも心配です。

 

足りないと困る。多すぎても困る。

では何円ぐらいが妥当な金額なのでしょう。

悩みどころですよね。

 

お金は、だいたい30,000円あれば大丈夫だと考えてください。

 

もちろん旅行の形態や旅行先などで異なってきますが、

どの場合でも手持ちのお金は30,000円ぐらいあればカバーできます。

 

この記事では海外旅行に持って行くお金について解説します!

 

海外旅行のお金の持ち方を解説

 

 

手持ちのお金を決めるとき、考えるのは次の4つのポイントです。

 

1:旅行先はクレジットカードが使えるか、使えないか

2:旅行形態はパックツアーか、自由旅行か

3:現地の店で買い物をするか、しないか

4:チップは必要か、そうでないか

 

まず1つ目。

旅行先はクレジットカードが使えるか、使えないか。

 

 

アメリカなどの先進諸国なら、手持ちのお金は少なくていいでしょう。

 

キャッシュレス化が進んでおり、

ほとんどの支払いでクレジットカードを使えるからです。

むしろ現金での多額の支払いは断られるケースもあります。

 

一方でクレジットカードが浸透していない地域もあります。

 

たとえばアフリカは現金払いが主流です。

そういう地域に行くなら現地のお金がないと困りますね。

 

ただし日本と比べて物価が安いことが多いので、

そこまで大金を用意する必要はありません。

 

次に、旅行形態です。

 

パックツアーとは

旅行に必要なサービスをすべてまとめたプランのことです。

 

昔でいうと、旗を持ったガイドさんに皆でぞろぞろついて行くような…。

そういう旅行がパックツアーです。

 

空港からホテルまで送迎してくれたり、食事がセットになっていたりするので、

現地でお金を払う機会は少ないでしょう。

 

現地係員がいることも多いので、足りなくなったら現地で両替しちゃえば大丈夫!

 

移動と食事と買い物はすべて自分でどうにかするという自由旅行は、

どこでいくらお金が必要になってくるか読みにくいです。

 

お金は多めに持って行った方がいいでしょう。

でも、クレジットカードを使える店だけ選ぶという手段もあります。

 

クレジットカードの支払いに対応していない可能性が高いのは、

屋台や個人経営の小さなお店。

 

そういう現地のお店をたくさん利用したいのなら、

その分の現金は用意しておかねばなりませんね。

 

とはいえ、現地のお店をガンガン利用できる人は

現地での両替もすぐできるはずですから、

足りなくなったら両替して補充するぐらいで丁度いいでしょう。

 

最後に、日本にはない海外独自の文化、チップです。

チップ文化がある旅行先なら、そのお金は必須!

 

渡さなくても怒られませんが、

文化を体験しておいて損はないと思いませんか?

スマートにチップを渡せるとカッコイイですよね。

 

チップはアメリカなら1ドル~2ドルほど。

やっぱり多額の現金は不要です。

 

以上のことをまとめます。

 

パックツアーで先進国に行ってリゾート地で過ごすだけなら、

ほとんど現金は必要なし。

チップと緊急時に備えるくらいでOK!

 

自由旅行でカードが使えないような地域に行くなら現金がないと困る。

でも物価が安いし現地で両替すれば大丈夫!

 

つまり、手持ちのお金は30,000円ぐらいあればいいというわけです。

 

 

海外旅行の手持ちのお金はどこで両替するか?!

 

 

両替する手持ちのお金が30,000円と判明しました。

あとは、どこで両替するか決めるだけです。

 

 

両替は日本でも現地でも構いません。

 

日本でするなら、郵便局・銀行・空港などで両替できます。

今はインターネットでも可能です。

 

また、旅行会社によっては

両替したお金を自宅に届けてくれるサービスがあります。

 

現地でする場合は、空港の両替所や銀行が候補になります。

海外では両替する場所によってレートが変わるので、

いくつか比べてお得なところで両替しましょう。

 

両替には手数料がかかりますから、

手数料を比べてどちらで両替するか決めるのもいいですね。

 

ドルやユーロは日本で両替する方がお得になることが多いようです。

 

私のおすすめは、事前に国内で両替しておくことです。

 

慣れない現地通貨だと渡されたお金が本当に正しい金額なのか分かりにくいからです。

 

もし誤魔化されたり間違われたりしても言い出せる自信がないので…。

私は必ず国内で両替していました。

 

手数料、レート、語学力を総合して、どこで両替するか決めてくださいね。

 

 

まとめ

 

海外旅行の準備、はかどりそうでしょうか。

この記事が参考になったなら嬉しいです。

 

海外に行くと、驚かされることがたくさんありますよね。

言葉はもちろん、自販機の使い方や、信号機の点滅の仕方…。

 

あらゆるものが新鮮で、行って帰るだけでも

何となく視野が広がった気分になれます。

 

私もまた海外に行きたいな~。

 

あなたの旅行が、すばらしいものになりますように。

タイトルとURLをコピーしました