google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

温泉やディズニーなどの行楽地へ赤ちゃんはいつから行ける?!

育児(新生児・赤ちゃん)

子供が産まれて少しずつお出掛けが出来るようになると、

飛行機や新幹線で温泉やディズニー等のテーマパークにも家族で一緒に行きたいと思うようになりますよね。

 

これまでは大人だけで行っていた所で、

赤ちゃんも楽しめるのか、いつ頃から行っても大丈夫なのかなど

疑問を持つママも多いと思います。

 

赤ちゃんと遠方へ旅行するには1歳前後からがおすすめです。

離乳食で赤ちゃんも体力がつき、

一人座りが出来るとママも楽に温泉旅行やディズニーを楽しめますよ。

 

国内のテーマパークには赤ちゃん連れに優しいサービスや施設がたくさんあるので

ぜひ利用してみてください。

 

 

ディズニーへ赤ちゃんはいつからパークデビュー出来るの⁉

 

ディズニーに行くのは1歳前後がおすすめですが、

実際はパークの入園に年齢制限はありません。

 

極端ですが、産まれてすぐにでも連れて行けるということですね。

 

しかし、月齢が低すぎると赤ちゃんには負担がかかってしまいます。

免疫力の弱い赤ちゃんが平日休日問わず混雑しているパーク内にいると、

体調を崩してしまうリスクがとても高いです。

 

また、授乳やおむつの交換頻度も多いのでママも大変!

例えば、産まれてから2ヶ月の赤ちゃんの授乳は1~3時間おきなので

1日に約10回、おむつも10回以上交換する必要があります。

 

都合や早く連れて行ってあげたい気持ちはわかりますが、

赤ちゃんのことを1番に考えて行動するようにしましょう。

 

 

ディズニーでは、赤ちゃんの成長具合によって利用出来るサービスがあります。

 

 

・ベビーカーのレンタル

広い園内を周るのにベビーカーはとても助かります。

持参したベビーカーを持ち込むことも出来ますが、

自宅からディズニーまでの移動ではベビーカーが邪魔になったり、

急遽ベビーカーが必要になった時にレンタルは便利ですよね。

 

1日の利用料金は1,000円です。

 

フルフラットにはなりませんが、

リクライニング機能が付いていて角度を調整出来ます。

座幅28cm×座奥行20cmで小さめのカゴが付いていますし、

フード部分がメッシュ素材なので上からお子さんの様子を確認出来ます。

 

ただし、安全のためレンタル可能なお子さんの対象が決まっています。

・生後7ヶ月以上で一人座りが出来ること

・身長100cm、体重15kgまで

 

また、ベビーカーは一人乗りで利用エリアは園内限定、

ベビーカーから離れる時は荷物を全て持って行くことなど

ルールがありますので、守るようにしましょう。

 

 

・入園チケットは3歳以下無料

これはとっても嬉しいですよね!

1つのパークを1日楽しめる1デーパスポートを例にみてみると、

4歳~小学校を卒業する年の3月末までは小人料金で4,800円です。

これが3歳以下なら無料なのでお得です。

 

 

・パークデビューシールをゲットしよう

お子さんが初めて来園した時に貰えるシールです。

My 1st Visitの文字と可愛いキャラクターが描かれていて、

キャストさんに声をかけると来園日と名前を書いてくれます。

1度しかない初めての機会!

良い思い出になりますのでぜひゲットしてください。

 

 

・ベビーセンターを利用しよう

ディズニーのベビーセンターには

赤ちゃんとママ・パパに優しいサービスがたくさんあります。

キャストさんが常駐していて困った時でも安心です。

 

・オムツ交換室

交換台がたくさん並んでいて、

それぞれのベッドに使い捨てのシートが敷かれています。

使用後は都度キャストさんがベッドの消毒とシート交換もしてくれるので

とても衛生的です。

着替え台もあって小さなお子さんが遊んで汚れても気軽に着替えられます。

 

・授乳室

個室になっておりゆったり座れる椅子を完備。

なお、男性は入室禁止です。

 

・レストルーム

大人用と、幼児用の小さいトイレが利用できます。

 

・食事ルーム

ミルクや離乳食を作るために必要なものが揃えてあります。

水道水を沸騰させたお湯や哺乳瓶を冷やす氷水、電子レンジや洗い場も完備。

 

・ベビーグッズが購入出来る

忘れてしまった!なくなってしまった!

そんな時にも以下のものを購入することが出来ます。

 

・紙おむつ

・おしりふき

・ウエットティッシュ

・キューブタイプの粉ミルク

・哺乳瓶

・調理用ペットボトルのお水

・離乳食

・ベビー用おやつ

・ベビー飲料

・子ども用パンツ

・ベビーカー用レインカバー

 

このように、赤ちゃんもそのご家族も安心してディズニーを楽しめるよう

とてもサービスが充実しています。

 

その他、パークをどのように周るか計画を立てると思いますが、

アトラクションによっては長時間並ぶこともありますので、

ゆったりと休憩も入れながら周れるスケジュールにしましょう。

ディズニーホテルに宿泊すれば、お部屋で一旦休憩も出来ますよ。

 

また、食事に関しては事前予約可能なレストランがありますので、

そちらがおすすめです。

離乳食を食べさせる場合はスタッフの方に確認をしましょう。

大人もしっかり腹ごしらえをしないと力が出ませんからね!

 

 

楽な飛行機移動!赤ちゃんはいつから利用出来るの⁉

 

私はディズニーに行く時よく飛行機を利用します。

時間も短く、空港から直通バスが出ていて便利だからです。

 

では、赤ちゃんが一緒だとどうでしょう。

これまで同様飛行機を利用出来るのでしょうか!?

 

生後7日以内の新生児は飛行機不可です。

以降、大人(12歳以上)の同伴があれば国内線に搭乗出来ます。

同伴者と同じ席を利用する場合、

大人1名に対し幼児(2歳まで)1名までは航空券なしで大丈夫です。

幼児でもチャイルドシートを利用して座席に1人で座る場合は

子ども料金が発生します。

航空会社によって規定が異なりますので、事前に確認しましょう。

 

大阪―東京だと1時間ほどのフライトですし、

飛行機内ではキャビンアテンダントさんが助けてくれますので心強いです。

 

電車だとたくさんの荷物を持って乗換や駅構内を歩かなくてはいけませんので、

負担が大きいです。

 

移動が楽で、2歳までなら無料で利用出来る飛行機でディズニーに行ってみましょう。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんと一緒に夢の国へ行くイメージは出来ましたか!?

大変そうだし、デビューはもっと大きくなってからかな…

と考えていたママも少し気が楽になったのではないでしょうか!

 

設備やサービスも充実していますし、キャストの方々も助けてくれます。

しっかりと計画を立てて、家族みんなでディズニーを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました