google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

2歳の子どもの食事のしつけに悩んでいませんか?

子育て・学習

2歳の子どもの食事のしつけについて、悩みは多いと思います!

 

食事を食べてくれなかったり、集中してくれなかったり、動き回って食べ終わるまで座ってられないなどがあるでしょう。

 

しつけが厳しすぎると食事は楽しくないものと思ってしまいます…

 

食事を食べてくれない子には食事の見た目を工夫したり、ちょっと量を少なくして完食させて褒めてあげるといいでしょう。

 

他にも一緒に料理をしたり、テレビを消したり、おもちゃは片付けておくなどの方法もおすすめです!

 

2歳の子どもの食事の量はお母さんの半分くらいがベストです。

 

しかし毎回その量を食べれなくても神経質になる必要はありません。

 

2歳の子どもが食事を全然食べない…困ってる!?

2歳の子どもが全然食事を食べてくれない!

 

栄養やバランスを考えて一生懸命作った食事を食べてくれないと、成長するための栄養は足りているのか不安になりますよね…

 

そんな時に試して頂きたい方法を紹介します。

 

①食事の見た目を工夫する

野菜を型抜きし可愛くしてみたり、海苔でかわいいおにぎりにしてみるのもいいでしょう!

お弁当を作るときのグッズを使うのもおすすめです。

 

見た目が可愛くなることで少しでも食べてみようと思ってくれれば嬉しいですよね。

 

②ご飯の量を少なくする

いつもの食事の量より少しだけ少なくすることで完食することが出来ます。

 

その時におもいっきり褒めてあげることで次からも完食出来るように、子どもは頑張るようになります!

 

③一緒に料理する

自分が作った食事だとよく食べることがあります。

 

毎日は難しいかもしれませんが、休日には一緒に料理するのもおすすめですよ!

 

④テレビを消す

2歳くらいなるとテレビが好きな子が増えてきます。

食事ではなくテレビに集中してしまい食べてくれません!

 

思い切って食事中はテレビを消しましょう。

 

⑤おもちゃは片付ける

いろいろな物に興味を持ち始め、おもちゃで遊ぶことに必死になる頃です。

 

おもちゃが出ている部屋では食事に集中してくれないので、食事の前に片付けを必ず行いましょう。

 

明日からでも実践できることもあると思うので、さっそく試してみて下さい!

 

2歳の子どもの食事の量はどのくかいがベスト?

2歳の子どもの食事の量は1日1000キロカロリーが目安です!

 

これは20~40代の女性のちょうど半分です。

お母さんの食べる量の半分くらいと覚えておきましょう。

 

・主食は子ども茶碗に1杯、パンなら8枚切りを1枚

・主菜は肉なら薄切り1枚(約30g)、魚なら1/3程度(約30g)

・副菜は野菜を約80gです。

 

しかし子どもは個人差が大きいです!

 

2歳になると好き嫌いや食べムラも出てくるので毎回完食しなくても、無理に食べさせたりする必要はありません。

 

おやつなどの間食で補うことも出来ますよ!

食事のバランスも大切ですが、毎食このバランスを気にしていては、うまくいかない事が多いと思います。

 

なので毎食ではなく1日の中でバランスをとるようにしたり、場合によっては1週間でバランスをとってみるのもいいでしょう。

 

毎日3回もある食事なので、あまり神経質になってしまうとお母さんが疲れてしまうので注意しましょう。

まとめ

なかなか食事を食べてくれない子どもに悩んでいる時に、おすすめの改善方法は以下の通りです。

 

①食事の見た目を工夫する

②ご飯の量を少なくする

③一緒に料理する

④テレビを消す

⑤おもちゃを片付ける

 

2歳の食事の量の目安は以下の通りです。

①主食

子ども茶碗に1杯、パンなら8枚切りを1枚

②主菜

肉なら薄切り1枚(約30g)、魚なら1/3程度(約30g)

③副菜

野菜を約80g

 

毎回グラムをはかるのは大変なので、おおよそですがお母さんの食事の量の半分くらいです。

 

しかしあくまで目安なので必ずこの量を食べないといけないわけではありません。

個人差があるので無理やり食べさせたりするのはやめましょう。

 

間食で栄養を補ったり、栄養のバランスを1日や1週間単位で考えるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました