google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

晴れの結婚式・演出を保ってこっそりお得に!アイデア節約術!

人間関係・社会

人生の晴れの舞台の一つ、結婚式。
真っ白なウェディングドレスを身にまとい、きらきら輝く式場でたくさんの笑顔に包まれて大好きな人と一生を誓い合う…。

 

夢のようなイベントですが、夢を現実にするためにはお金が必要です。
そこで結婚式の演出をアイデア次第で節約できるのではと考えました。

 

 

結婚式の予算は平均で320万円。
おそろしいのは最初の見積もりがまったく当てにならないところ。

 

見積もりの時点で200万円ちょっとでも、あれよあれよと料金が追加されていき、最終的に支払った金額は見積もり+100万円…。

 

よくある話です。

 

結婚は何かとお金がかかるもの。
新居や新婚旅行の費用も何十万円単位で必要ですし、大きな声では言えないけれど安く抑えたいのが本音ですよね。

 

でも、装飾・花などの演出や料理を削るのはしたくない!
そんな花嫁さんにお伝えしたいのが、

 

ステキな演出をそのままに結婚式の費用を節約するアイデアです。

 

・プロフィールムービーの自作

・ブライダルエステの省略

・ペーパーアイテムの自作

・引き出物の宅配

・結婚式の日取りの変更

 

コレだけで結婚式の費用を20万円~50万円以上は安く抑えることができてしまいます。

 

結婚式の費用にお悩みの方、必見です!

 

 

結婚式費用は持ち込み・セルフで節約する

 

結婚式の費用が高くなる理由は、いろんなことを結婚式場に任せてしまうからです。

自分たちでやれることは自分たちでやった方が当然安い

 

代表的なものがプロフィールムービーです。

結婚式場に頼んだ時の相場は5万~10万円ほど。

 

外部の業者に依頼すれば2~3万円ほどで同じクオリティのものができます。
会場によってはムービーの持ち込み費用がかかりますがそれでも結婚式場に頼むより安くなるはずです。

 

もっとオススメなのは自分たちで作ってしまうこと。
無料でムービー編集ができるソフトはたくさんあります。
そういうことが得意な友達にお願いするなら、お礼や手間賃を払っても1万円もかからないでしょう。

 

次にブライダルエステです。
これも相場は5万~10万円ほど。

 

花嫁がどれくらいこだわるかによりますが、短期間で仕上げようとすればするほど料金は上がります。
結婚式は1年前から準備を始めるのが普通ですがブライダルエステは3か月前から始める人が多いようです。

 

自宅でできる限りのセルフケアをして、最後にフェイシャルエステとムダ毛の処理だけ頼めば1~2万円で収まります。

 

ペーパーアイテムもセルフでやってみましょう。

 

招待状、席次表、席札を頼むと、1セット平均655円ほど。
招待状を送る切手と出欠確認の返信用ハガキの切手代金をあわせて1人800円はかかります。

 

結婚式に50人招待するなら4~5万円は必要ですね。
これも自分たちで作れば半額以下の値段です。

 

結婚式費用の節約のコツは、このようにとにかく持ち込み・セルフでやること。

 

時は金なりといいますが、手軽にしようとすればするほどお金はかかりますし、手間をかければその分だけお金は節約できます。

 

準備の時間はかかりますが、結婚に向けての準備の一部だと思って二人で協力しながら取り組んでみると絆が深まると思いませんか?

 

 

結婚式費用、手間をかけずに節約するコツもある

結婚式費用は節約したけれど、手間をかけるのも大変…。

 

いえいえ、手間をかけずに節約するコツもあります。
それが引き出物の宅配と結婚式の日取りを変えること。

 

引き出物とは、結婚式に来てくれたゲストに渡す手土産です。
カタログや記念の品、引き出菓子などを大きな紙袋にいれて渡します。
これを宅配サービスにすると、紙袋代が節約できます。

 

紙袋は500円ほどなので、50人分なら2万5,000円節約です。
おまけに式場に頼むより相場が安いことが多く、また相手ごとに細かく中身を指定することも可能です。

 

ゲストからしても、重たい紙袋を持ち帰らなくていいので楽ちんというメリットがあります。

特に遠いところから出席してくれた人や二次会にそのまま出席する人たちにとっては嬉しい工夫。

 

頼む先が結婚式場から外部の業者になるだけなので必要以上の手間はかかりません。
引き出物はぜひ宅配サービスを検討してみましょう。

 

次に、場合によっては50万円以上節約できるアイデア。
結婚式の日取りを変えること。
仏滅割引というものを知っていますか?

 

六曜という縁起に関する思想があります。
毎日を縁起のよしあしで六つに分けているもので、大安が一番縁起のよい日、仏滅は一番縁起の悪い日です。

 

結婚式はたいてい大安の日に行われるので、仏滅は式場が使われないことが多い。
そこでちょっと料金を割引してくれる式場があるのです。

 

旅行のハイシーズン料金とオフシーズン料金と同じですね。
まったく同じ内容なのに仏滅の日にやるだけで50万円以上安くなるプランは珍しくありません。

 

縁起なんて気にしない!という人であれば仏滅割引を実施している式場を探してみてください。

 

 

まとめ

 

結婚式は本当にお金がかかります。

装飾、ドレス、料理など他にも節約ポイントは様々。

 

まず「こだわりたいポイントはどこか?」と考えてください。

 

ゲストに出す料理だけは豪華なものにしたいのか、ドレスだけはこだわりたいのか、会場を大量の生花で埋め尽くしたいのか。

 

値段も中身も悔いのない結婚式にできるよう二人で知恵を絞ってみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました