google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ぴったりのおむつで赤ちゃん安心!サイズ感をメーカーごとに紹介!

育児(新生児・赤ちゃん)

大人のパンツはS・M・Lとざっくりしたサイズで

ちょっとくらい誤差があっても気にせずはけます。

 

しかし赤ちゃんのおむつはサイズ選びが難しいですよね。

 

サイズがちょっとでも大きいと

すぐに横から背中からうんちやおしっこが漏れてきます。

かといってピチピチのものにすると

今度は赤ちゃんが嫌がってぐずりだす。

 

赤ちゃんは平均より大きめで生まれたけれど、

じゃあLサイズを買うのかと思ったら

新生児用はS・M・Lとは別サイズ。

 

同じ新生児サイズでもメーカーによって

微妙に大きさが違うって本当?

うちの子にはどれを選べばぴったりなの!?

 

このように、おむつ選びは新米お母さんを

悩ませているのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、赤ちゃんにぴったりのおむつを選べるよう

各おむつのサイズ感をメーカーごとにくわしく紹介します。

 

今回紹介するメーカーは、

パンパース・メリーズ・ムーニー・グーン・ゲンキの5つ。

 

新生児・S・M・Lサイズで比較すると

パンパース<グーン<ムーニー<メリーズ<ゲンキの順で

サイズが大きくなっていることが分かりました。

 

細かいサイズについて解説していきます。

 

 

おむつメーカーごとのサイズの比較

 

○新生児サイズの比較

パンパース<グーン≦ゲンキ<ムーニー<メリーズ

 

新生児サイズのおむつで一番小さいのはパンパースでした。

最小周囲が34センチ、最大周囲が36センチです。

一番大きいメリーズは最小36.5センチ、最大45.5センチ。

 

赤ちゃんが平均よりも小柄ならパンパース、

大きめならメリーズがよさそうです。

 

グーン・ゲンキは、最小周囲はそれほど変わりませんが、

最大周囲がグーン41センチ、ゲンキ44センチと幅がありました。

 

おむつのサイズがよく分からない新米お母さんは、

ゲンキを買うと幅広いサイズに対応していて便利です。

 

○Sサイズの比較

パンパース<グーン<ゲンキ<ムーニー<メリーズ

 

Sサイズは1か月~3か月頃の赤ちゃん用です。

体重だと4~8kgほどが目安。

 

ここでも大きさの並びは新生児サイズと同じ。

 

最小のパンパースは34.5センチ~38センチですが、

最大のメリーズは39センチ~48センチと

この時点ですでに10センチの差があります。

 

パパや家族におむつを買ってきてもらうときは、

サイズだけでなくメーカーまできちんと伝えなければ

大変なことになってしまいますね。

 

○Mサイズの比較

グーン<パンパース<メリーズ<ムーニー<ゲンキ

 

体重が6~11kgになるとMサイズへの替え時です。

 

Mサイズからは順位が変動してきました。

 

パンパースが小さめ、ムーニーが大きめなのは変わりませんが、

メリーズはSサイズとMサイズで大きさはあまり変わらず。

その分、おしっこ・うんちの吸収率を上げているそうです。

 

○Lサイズの比較

グーン<パンパース<メリーズ<ゲンキ<ムーニー

 

Lサイズは9~14kgが適正体重。

年齢でいうと個人差はありますが1歳~2歳過ぎなので、

離乳食・幼児食を食べている頃ではないでしょうか。

 

Lサイズはテープタイプからパンツタイプに切り替わり、

男子・女子でもパンツがわかれてきます。

 

サイズ以外の点も気にかけて選んであげてください。

 

 

おむつのおすすめメーカーは強みで変わる

 

サイズはこれまでに紹介した通りですが、

おむつメーカーを選ぶときはサイズ以外にも

比較できるポイントがあります。

 

・かぶれを防ぐ通気性

・赤ちゃんが快適に過ごせる吸収性

・漏れを防止するフィット感

・家計に重要な値段

 

それぞれ、5つのメーカーで比較してみると、

以下のようになります。

 

○かぶれを防ぐ通気性

メリーズ<パンパース≦ゲンキ<ムーニー<グーン

 

通気性を重視するなら、メリーズがおすすめです。

赤ちゃんの肌にふれるところがメッシュになっていて

抜群の通気性を保ってくれます。

 

○赤ちゃんが快適に過ごせる吸収性

パンパース<メリーズ≦ゲンキ<グーン≦ムーニー

 

吸収性はどのメーカーも甲乙つけがたいですが

パンパースは頭一つ抜けて評価が高かったです。

産院で最も使われているブランドなのも頷ける結果ですね。

 

○漏れを防止するフィット感

パンパース<ムーニー<メリーズ≦グーン<ゲンキ

 

フィット感もパンパースがよいという意見が多くありました。

しかしながら、足をしょっちゅう動かしたりバタバタしたりする

活動的な赤ちゃんにはムーニーの方がよいという意見も。

赤ちゃんの性格で使い分けたいですね。

 

○家計に重要な値段

グーン<ムーニー<ゲンキ≦メリーズ<パンパース

 

使い捨てのおむつの値段は重要なポイントです。

一番安いのはグーン。

これまで評価が高かったパンパースは

やはりそれ相応の値段がかかってしまうという結果に。

 

どのメーカーもそれぞれに良さはあるので、

家計を圧迫しない観点で選ぶことも大切ですね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

初めてだと分かりづらいおむつ選びについて

参考になりましたでしょうか。

 

赤ちゃんは本当にすぐ大きくなってしまうので

ぴったりしたおむつを選ぶのは大変です。

一度に大量に買い込むと、使い切る前に

サイズアウトしてしまうことも。

 

各メーカーを試しつつ、赤ちゃんの成長と使い勝手をみながら

ちょこちょこ買い足していくのがおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました