google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

日傘は何色を選べば良い!?色による効果を徹底解明!!

住まい・暮らし

澄み切った青い空、積極的に外出したい気持ちになりますね!

でも、外出時に気になるのが紫外線による肌ダメージ。

 

そんな紫外線対策に強い味方なのが日傘です。

 

早速私も新しい日傘を購入しようとインターネット通販を渡り歩いてみましたが、日傘の色で圧倒的に多い色は白と黒!

 

どうしてだろうと調べていくうちに、日傘の色は絶対に白か黒、またはその両方が使われた日傘が最も効果的だということがわかりましたのでご紹介していきますね!

見た目だけで選んでいない?日傘の白と黒には〇〇を防ぐ効果が!

日傘を選ぶときに必ず目にする文字、それはUV〇%!

 

これはその日傘がどれだけ紫外線をカットしてくれるかを示すもの。

 

そうです、日傘をさす目的は紫外線をカットすること。

紫外線を浴びたままケアを怠ると、時間とともにお肌にシミを作ってしまう女子にとって大変危険!

 

お肌にあたる光が、「温かいな」と感じたときには、すでにその光には紫外線が多く含まれていると思いましょう。

 

特に初春にかけてはまだ肌の乾燥も心配で、日焼け止めクリームを積極的に使用するのは、保湿クリームとの親和性が心配でちょっと避けたいなと思う場面も多くあります。

 

かといって、つばの広い帽子をかぶるのにはあまりにも早すぎる時期。

 

そんな時期にもオススメな日傘ですが、たくさんの色の日傘があってどれを選んだらいいか迷いますが、そこは白か黒の生地のものが非常にオススメ!

 

白い日傘は太陽からの光を反射させて、紫外線を寄せ付けないようにします。

 

逆に黒は傘自体が太陽の光を吸収してくれるので、紫外線があなたに当たらないようにしてくれます。

相反する色が象徴するように紫外線予防のアプローチも違うのが面白いですね。

 

但し、黒は太陽の光を吸収してくれるのですが、吸収するということは熱も一緒に集めてしまいます。

 

季節の変わり目等、気温がそこまで上がらない日は黒を、気温が高い日は白を、といったように気温によって色を変えるのもオシャレですね。

徹底的に紫外線対策なら日傘の外側は白!内側は黒!

 

しかしながら太陽光は必ずしも上からのみ降り注ぐわけではありません。

 

ここで注意したいのが地面からの「照り返し」。

 

直射日光に対して最も反射が少ないアスファルトでさえ、約10%は照り返しがありますので、紫外線対策として照り返し対策は見逃せないところ。

 

そこでおすすめなのが、表面が白、裏面が黒。

といった合わせ技を持つ日傘。

 

表面は白で太陽光と紫外線を反射させて予防し、地面からの照り返しは裏面の黒で紫外線を吸収することであなたを紫外線から守ってくれる優れもの。

 

もちろん、厚めの生地を使った黒い日傘の中には非常に遮光性の高いものも存在します。

 

厚めの生地の日傘を選べば炎天下でもしっかり遮光してくれますが、真っ黒い日傘は真夏の炎天下では見た目のイメージ的に非常に暑苦しく感じてしまいます。

 

表面が白い日傘は見た目のイメージは涼しげになるため、まさに一石二鳥ですね!

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

最近では様々な色の日傘が販売されています。

中には非常にカラフルで、夏のビーチパラソルのような派手なものまで売られています。

 

確かに、生地にUVカットの素材を使用することで紫外線対策を施しているカラフルな日傘も中には多く存在します。

 

降り注ぐ紫外線対策に効果を発揮することは間違いないのですが、あまりにもデザインを優先してしまうと、返って地面からの照り返しの紫外線を集めてしまいお肌に対して逆効果になってしまう場合もあります。

 

正直なところ日傘は、片手をふさいでしまうため少々億劫に感じてしまう場面もあります。

 

億劫さを差し引いて紫外線対策に持つのですから、しっかりと効果があるものを選びたいですよね!紫外線対策は4月から必要です。

 

今からじっくり選んで、あなたのお気に入りの1本を見つけてしっかり紫外線対策をおこなっていきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました