google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

蓮華寺池公園(静岡県藤枝市)子供連れからお年寄りまで楽しめる憩いの場!

レジャー・旅行・イベント

 

蓮華寺池公園は、静岡県藤枝市のほぼ中央に位置し、多くの人が訪れる憩いの場所です。

 

公園のテーマ「花・水・鳥・笑顔」の通り、池を中心に、四季を通じて花や自然が美しく、遊具で遊ぶ子供たちの笑顔があふれています。

 

今回は蓮華寺池公園のお出かけ情報をまとめました。

 

 

蓮華寺池公園って、どんなところ?

 

蓮華寺池は、慶長年間(1596~1614年)に山裾の湿地帯を利用して、灌漑(かんがい)用に作られた人口のため池です。

 

従来はコイ、ヘラブナ、ミドリガメなどが住んでいましたが、外来魚のライギョが加わり、最近ではブルーギルが増えてきてしまっています。

 

この池に沿って気持ちのいい散策路が一周しています。

園内には様々な施設や遊具、植物があり、子供から年配の方までゆっくりと楽しめる公園です。

 

分類別、目的別で探す施設紹介はこちら

 

蓮華寺池公園ガイドマップはこちら

 

 

 

  • 蓮華寺池公園のジャンボ滑り台

 

赤色(54m)、黄色(24m)の滑り台が楽しめます。滑るのはあっという間ですが、階段を上がるのが何回も続くと大人には結構しんどいかもしれません。

 

夏場は滑り台の表面がかなり熱くなりますので、特に小さなお子様は肌が直接触れないように注意してあげてください。

 

 

  • 蓮華寺池公園の子供広場

 

複合遊具があり、いつも親子連れでにぎわっています。近くに多目的トイレもあります。

 

 

  • れんげじスマイルホール「キッズパーク」

平成28年4月1日に第二駐車場内にオープンした、スポーツと健康づくりに特化した子育て支援施設です。

 

無料でいろいろな遊具で自由に遊べるプレイゾーンと、子供や親子が様々な運動教室に参加できるスポーツゾーンからなっています。

 

れんげじスマイルホール「キッズパーク」についてはこちら

 

 

  • 郷土博物館・文学館

文学館の子ども学習室では、自由に絵本を読むことができます。

おはなしの会などの子供向けイベントも開催されます。

無料ですので遊び疲れたらこちらで一休みするのもおすすめです。ただし飲食は禁止です。

 

郷土博物館・文学館についてはこちら

 

 

  • 蓮華寺池公園のボート

民営で、隣接する日本料理店「あずまそ」が運営しています。

白鳥、コアラ、パンダなどの足漕ぎボートです。

切符売り場で鯉のえさも売っています。

 

 

  • 蓮華寺池公園の日本庭園

レストハウスふじみの隣にあります。それほど広くはありませんが、落ち着いた雰囲気の場所です。

 

 

  • 蓮華寺池公園の古墳、見晴らし

小高い場所にある古墳の広場付近には、4~5世紀の円墳、方墳28基が密集しています。

 

出土品は郷土博物館に展示されています。

 

広場からは360度の大パノラマを楽しめます。尾根伝いに富士見平展望台、お姫平まで歩くのも気持ちがいいです。天気がよければ富士山も見えます。

 

 

蓮華寺池公園の季節のイベント

 

  • 花暦

桜、藤枝市の花である藤、池の名の由来となった蓮など、四季折々の花が楽しめます。

 

蓮華寺池公園の花ごよみ、花の見ごろ情報はこちら

 

 

  • 蓮華寺池公園の桜

例年、ソメイヨシノは3月中旬から4月上旬、サトザクラは4月上旬~下旬に見ごろとなります。

上記花の見ごろ情報をご確認ください。

 

 

  • 藤まつり

例年4月下旬から5月上旬に藤まつりが開催されます。

 

 

20種類250本以上の藤が咲き、会場は甘い香りで包まれます。池の上にはたくさんのこいのぼりが飾られ、大空を泳いでいます。

 

藤枝の特産品の販売や、夜間にはライトアップなど、催し物がたくさんです。この季節だけの藤の花のアイスも人気です。

 

 

季節の関係で、藤まつり前に藤がすっかり咲いてしまって、藤まつりに藤がない、という年もありました。

おまつり気分を味わうのが目的ではなく、満開の藤の花がお目当てならば、藤まつりの時期ではなく見ごろ情報を元にお出かけください。

 

 

  • 蓮華寺池公園のホタル

蓮華寺池保勝会のメンバーが園内の小川の整備と美化に尽力した結果、ゲンジボタルとヘイケボタルが生きていける環境になりました。

 

泉の広場付近に5月中旬から6月中旬に見られます。19:30~21:00が観察に適した時間帯です。

 

ホタルの観察に適しているのは暖かい、湿度が高い、雨が降っていない、風がない、月明かりがない、という条件が整った日です。

 

ライトを使わない、ごみを捨てない、フラッシュを使って写真を撮らない、ホタルを捕まえない、などのマナーも守りましょう。

 

暗く足元が悪いので、歩きやすくすべりにくい靴でおでかけください。

 

 

  • 蓮華寺池公園で行われる藤枝花火大会

例年8月7日に約5000発の花火が夏の夜空を彩ります。

 

花火は藤枝の地場産品の一つで、創作花火も用意されます。

 

 

  • 蓮華寺池公園のイルミネーション

例年11月中旬から2月中旬まで、夜の蓮華寺池公園の入り口時計台周辺の遊歩道100m区間をイルミネーションが彩り、園内は幻想的な雰囲気に包まれます。

 

自然豊かな蓮華寺池公園にふさわしく、環境にやさしいグリーン電力を使っています。

 

 

蓮華寺池公園でのランチ・スタバ等について

 

蓮華寺池公園にはレストハウスふじみ、スターバックスコーヒー(スタバ)藤枝市蓮華寺池公園店があります。

 

 

周辺ランチマップもありますのでご覧ください。

 

蓮華寺池公園の食べる情報、周辺ランチマップはこちら

 

 

 

服装等について

 

夏場は熱中症予防のため帽子をかぶりましょう。

 

池の周りを散策するだけならあまり気になりませんが、芝生広場、古墳の広場、富士見平展望台、お姫平まで登るのであれば、虫刺されと怪我の防止のため、長袖長ズボンの着用が望ましいです。

 

また、ジャンボ滑り台は夏場、陽射しが強くなってくると表面がとても熱くなります。

 

夏に短パンだと火傷しそうにつらいので、長ズボンがおすすめです(長ズボンでも熱いくらいですが肌が直接触れるよりはましです)。

 

夏には滝の広場付近で子供が水遊びをしているのを見かけます。

着替えやウォーターシューズもあると安心ですね。

 

 

蓮華寺池公園へのアクセス

 

蓮華寺池公園へはお車でいらっしゃる他にバスの便、JR東海道線静岡駅と藤枝駅を結ぶしずてつジャストライン 中部国道線(蓮華寺池公園入口 下車 徒歩6分)があります。

 

藤まつり期間中(4月下旬~5月上旬)は第一、第二駐車場に警備員を置くため、駐車場整理協力金を支払うことになります。

 

普通車500円ですが、障害者手帳をお持ちの方は提示により200円となります。

 

近隣に無料・有料の臨時駐車場が設けられます。

 

蓮華寺池公園へのアクセス、駐車場案内はこちら

 

 

 

蓮華寺池公園の利用時間・休業日について

 

公園自体は無休ですが、各施設は利用時間やお休みがありますのでご注意ください。

 

 

  • れんげじスマイルホール「キッズパーク」

利用時間:10:00~12:00、12:30~14:30、15:00~17:00

土日祝日は各時間帯2時間の中間に使用できない時間が5分間ずつあります。

休場日:毎週木曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始

れんげじスマイルホール「キッズパーク」についてはこちら

 

 

 

  • 郷土博物館・藤枝市文学館

開館時間:9:00~17:00

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

郷土博物館・藤枝市文学館についてはこちら

 

 

  • 蓮華寺池公園案内所 レストハウスふじみ

そば店の営業時間:11:00~14:00

(土日祝日は15:00まで営業することもあります)

売店の営業時間:9:00~15:00

(土日祝日は16:00まで営業することもあります)

店休み日:年末年始、雨天の日

 

 

  • スターバックスコーヒー(スタバ)藤枝市蓮華寺池公園店

営業時間:7:00~21:00

定休日:不定休

 

 

  • 第一駐車場(郷土博物館側):6:30~21:00

第二駐車場(スマイルホール、スタバ側):6:30~21:30

 

 

お得情報

 

蓮華寺池公園では、飲食や売店、民間運営のボートと鯉のえさ、などにはお金がかかりますが、ほとんどが無料で楽しめます。

 

藤まつり期間中には第一、第二駐車場では駐車場整理協力金の支払いを求められますので、近隣の無料駐車場か公共の交通機関を利用するのがおすすめです。

 

混雑しますので、藤が目当てではなく子供の遊び場としての利用ならば、その期間を避けるといいでしょう。

 

 

蓮華寺池公園の魅力(体験談)

 

蓮華寺池公園は、水場ではボートに乗ったり鯉にエサをやったり遊具で遊んだりできて、子供は大喜びですし、花を見ながらゆっくり歩けば年配の方でも楽しめる場所です。

 

少し高台に登ってお姫平、富士見平展望台、古墳の広場へと渡る道のりは、気分がのれば幼稚園前の子供でも歩ける程度のハイキングコースです。秋には木の実拾いも楽しめます。

 

ジャンボ滑り台への長い階段を、最初は私が抱えて上がり、抱えて滑っていた子供が、手をつないで自分の足で上がって一人で滑るようになり、最後には一人でどんどん上がっていくようになる姿に、成長を感じます。

 

 

まとめ

 

蓮華寺池公園は子供から年配の方までゆっくり楽しめる公園です。

花を愛でるのもよし、水場で遊ぶもよし、山に登って緑に囲まれるのもよし、遊具で遊ぶのもよし、郷土博物館・文学館で学んだり絵本を読むのもよし、いろいろな楽しみ方ができます。

 

ぜひお出かけください。

 

タイトルとURLをコピーしました