google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

酷い日焼けは火傷と同じ!?きちんとした対処法を紹介!

美容と健康

 

ここがポイント!
・顔以外の部分であれば流水を使って冷やす
・顔は洗顔料など使わず刺激を与えないようにして洗い、冷たいタオルで冷やす
・保冷剤を使って冷やすならタオルで包んで
・水ぶくれが出来たら絶対に潰さず早めに皮膚科に行く、自分の判断で処置をするのはNGです。

 

ジメジメして気分もどんよりとする梅雨が明けると、楽しい夏の到来!

 

サンサンと降り注ぐ太陽に気分も上がりますが、ここで注意したいのが日焼け。

なぜなら酷い日焼けは火傷と同じくらい怖いのです。

日焼けを起こす原因のキーワードは紫外線。

 

紫外線の怖いところは、ともかくお肌に悪いこと。

さらにお肌へのダメージは蓄積してしまうこと。

 

そのため、紫外線はできれば浴びたくないものですが、外でのレジャーではどうしたって防ぎきれないもの。

 

しっかり対処を行ってできるだけ紫外線からのお肌ダメージを軽減していきましょう。

 

日焼けしたくない、シミやしわを作りたくないという方には、日傘をさすことも有効です。

 

紫外線カット効果のある日傘については、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、気になった方は覗いてみてください。

 

紫外線対策には…日傘は何色を選べば良い?

 

日焼けで一番気を使いたい顔。赤くなってしまった時はどう対処したら良い?

 

日焼けをしてしまった部分が赤くなっている状態をサンバーンと言います。

このサンバーンという状態は簡単にいうと火傷をしている状態と同じです。

 

火傷をしているというのは、皮膚が炎症を起こしていますからこの時点で早急な対処を行わなければなりません。

 

火傷をした時に、まず最初にやることは何でしょうか。

 

その通り。冷やすことです。

 

顔以外の部分であれば流水を使って冷やしてください。とお伝えするところですが、顔に流水を当て続けるのは非常に難しいですよね。

 

その場合はまず、顔を流水で洗いましょう。

 

この清潔を保つという作業がとても重要です。

炎症を起こしている部分は傷口と同じくらいデリケートになっている為です。

 

洗うときも流水だけで洗い、洗顔料などは使わずできるだけ刺激を与えないようにしてあげることもポイントです。

 

次に新しいタオルを冷たい水で濡らして、患部に当てます。

この時、保冷剤をタオルの中に入れてあげるとベストです。

 

赤みやヒリヒリが収まった後は、できるだけ早めにクリームなどで保湿してあげることがとても重要です。

 

痛みが引いたからと言って油断せずに刺激の少ない保湿クリームを選んでくださいね!

 

それでも日焼けが水ぶくれになるほどひどくなってしまった時の対処はこう!

 

日焼けから水ぶくれに発展してしまった場合、その日焼けはかなり重症ということになります。

 

水ぶくれができるということは、身体が患部を必死に治そうとしている状態でもありますので、絶対に水ぶくれは潰さないでください!

 

潰したい気持ちは非常によくわかるのですが、絶対にダメ!

さらには、処置段階でも誤って潰さないように十分気をつける必要があります。

 

患部を冷やすことはとても重要な対処法ですが、シャワーの水流にも十分気をつけて優しく当ててあげるようにしましょう。

 

そのくらい、水ぶくれというのは患部の治癒に重要な役割があるのです。

そしてできるだけ速やかに皮膚科にいきましょう。

決して自分の判断で処置をしないようにしてください。

 

特に患部に薬やクリームを塗るのもNG。

特にレジャーの時などは、休日であったり時間が遅かったりと速やかに皮膚科に行けない場合もあるかと思います。

 

しかし水ぶくれができるような日焼けをしてしまった場合、私たちにできることはただ患部を冷やすという行為のみにとどめておくことが重要。

 

薬やクリームを塗ってしまうと、万が一自分でも気づかないうちに水ぶくれが破れていた場合、そこから最近感染してしまう恐れがあるからです。

 

うまく皮膚科を受診できた場合は、専用の薬やクリーム、場合によっては抗炎症剤等の飲み薬を処方してくれることがあります。

お医者さんの指示通りにそちらを塗布、服用して自然に治癒するのを待ちましょう。

 

処方された薬もなくなり、見た目にも元に戻ってきて刺激もなくなったら、保湿クリームを塗ってあげるとお肌にビタミンや潤いが戻ってきますので是非塗ってくださいね。

 

まとめ

 

日焼けはその場ではなかなか程度が分からず、時間が経ってからヒリヒリしたり思ったより赤くなってしまったりと判断が難しいですよね。

 

よく「少し日焼けしたくらいだから大丈夫」という声を聞きますが、実際のところは軽度から中程度の火傷と同じくらい酷い状態なのです。

 

何もケアをしないで放っておくと治るまで時間がかかったり、シミやソバカスなどのお肌トラブルに発展することも少なくありません。

 

しっかりと正しいケアを知って、お肌のトラブルをできるだけ避けるようにしましょうね!

タイトルとURLをコピーしました