google.com, pub-6902085901450598, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ダイエットの強い味方!?痩せ菌を増やす食材は?

美容と健康

 

ダイエットをしていてもなかなか成果が出ないとやる気もなくなってしまいますよね…

ダイエットが上手くいかない原因の1つに便秘があります。

 

まずは便秘を改善し、ダイエットに取り組むと効果が得られるかもしれません!

便秘に効果がある食べ物はキウイやビーツ、チアシード、キャベツなどです。

とても簡単に摂取出来るので試してみて下さい!

 

腸内環境を整えるためには腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

こちらも食べ物で行うことが出来ます。

 

善玉菌を増やす働きがある野菜や海藻、豆を多く摂取し悪玉菌を増やす働きがある肉の摂取を控えるようにしましょう!

野菜は1日350グラム以上食べることをおすすめします。

そして肉を食べる時はその3倍の量を食べるようにしましょう!

 

 

便秘に悩んでいる…解決してくれる便秘に一番効く食べ物は?

 

便秘が原因でなかなか体重が落ちない…

ダイエットする時に便秘が大きな悩みになる人も多いと思います。

 

便秘に効く食べ物を知り、意識して食べることで改善されます!

今、便秘を改善するための薬がたくさん発売されていますが…

 

薬を使うより食べ物で改善していく方法をおすすめします。

薬の場合、飲まなくなるとまた便秘になってしまったりとなかなか薬がやめられなくなるからです。

便秘には体質も大きく関わっているのでずべての人がここで紹介した食べ物で便秘を改善出来るわけではありません。

 

自分の体質に合った食べ物見つけることがとても大切です!

 

キウイ

他の食べ物と比べると食物繊維がたくさん入っています。

それだけでなく腸内フローラを良くする腸内作用もあります。

カットして手軽食べることが出来るのも魅力で、忙しい朝にもピッタリですね。

ビーツ

天然のオリゴ糖である「ラフィノース」が含まれています。

腸内環境をととのえて善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制する働きがあります。

 

チアシード

チアシードは水につけると約10倍にふくらみ、ジェル状になります。

そのジェル状のものはグルコマンナンという植物の食物繊維です。

食物繊維で腸内環境をととのえ、10倍に膨らむことで満腹感を得ることも出来ます。

キャベツ

キャベツもたくさん食物繊維が入っています。

また92%が水分なのでカロリーを抑えることができ、ダイエットには効果的です。

 

 

腸内細菌が大きく関わっている!?善玉菌を増やす方法は?

 

主な善玉菌は乳酸菌ビフィズス菌などです。

この善玉菌が2割以上で悪玉菌が1割以下になっている状態が健康な腸と言えるので、この状態を目指して維持しましょう!

善玉菌を増やすために出来ることはたくさんあるので紹介します。

 

善玉菌を増やす食べ物を食べる

野菜や海藻、豆をたくさんと食べると食物繊維などの栄養素を摂取することができ腸内環境を整えてくれます。

目標は1日に350グラム以上の野菜を摂取することです。

 

悪玉菌を増やす食べ物を多く摂取しないようにする

せっかく善玉菌を増やすための食事をしても悪玉菌を増やしてしまう食べ物をたくさん食べてしまっては効果が薄れてしまいます。

その悪玉菌増やしてしまう食べ物は肉です。

肉の食べる量を減らし、肉を食べた場合はその3倍くらいの量の野菜を一緒に食べることをおすすめします。

 

まとめ

 

便秘が続くとお腹が張って苦しいですし、ダイエットしている人にとってはなかなか体重が落ちない原因になってしまいます。

そんな便秘に効果がある食べ物は以下の通りです。

①キウイ

②ビーツ

③チアシード

④キャベツ

 

食物繊維がたくさん入っている食べ物です。

簡単に食べられる食材もあるので是非試してみて下さい!

 

腸内環境を整えるために大切なの腸内の善玉菌を増やすことです。

善玉菌が2割以上で悪玉菌が1割以下になっている状態が健康な腸です。

 

おすすめの方法は以下の通りです。

①善玉菌を増やす食べ物である野菜や海藻、豆を食べる

②悪玉菌を増やす食べ物である肉を多く摂取しないようにする

 

毎日の食事に気を使うことがとても大切です。

 

タイトルとURLをコピーしました